(株) ソーラー・エコー

Q&A ベース・オブ・ベースについて

新着情報

登録メンバー (15)

ベース・オブ・ベースについてのQ&A
Q:何の為に、ネジをわざわざ土に打ち込むのですか?

A:ネジは、建築用語でアンカーと呼ばれる物です。
 ビル等の工事が始まると、先ず周りを囲んで、クレーン車みたいな杭打機がいろいろな工法で杭を打っているでしょう。あれと思って下さい。あの杭はビル等が自重で地盤に沈んでいかない為と、地震時に倒れない様に地球に引っ張らせているのです。
 ベース・オブ・ベースのねじも、電気温水器(エコキュート)のタンクが倒れないように、地球に引っ張らせているのです。
 
                               お問い合わせ←←ここをクリック

Q:土の中にネジを打ち込んでも、穴があくだけですぐに抜けるのではないですか?

A:いくらスパイラル状になっていても、そのまま叩き込んだのでは、おっしゃるとおりズボズボで手で簡単に抜くことが出来ます。
 しかし、ガイド穴を設けてスパイラルの回転を制御しながら打ち込みますから、先に進んでいる刃の後から同じところを通って刃が通るので、土はむしろ引き締まっていきます。打ち込んだスパイラルは逆に回転させることで、手で簡単に抜くことが出来ますが、回転を拘束すると(回転しないようにすると)びくともしなくなります。
 
                                  お問い合わせ←←ここをクリック
Q:ベース・オブ・ベース1本でどのくらいの引き抜き力を持っていますか?

A:社内実験を行った結果、
 地盤でかなりのばらつきが出てしまいますが110kgfから310kgfまでの結果が出ています、通常家が建っている地盤では、100kgf以上の引き抜き力を見込めます。
 それで、地震に強いと言っているのです。
 弊社の協力会社の社内テストでは、500kgf以上になり用意した実験器具での測定が不可能だったという結果も出ています。
 
                                 お問い合わせ←←ここをクリック
 
Q:工事がエコという事ですが、どういう訳ですか

A:ベース・オブ・ベースを使うと工事が1日で終わりますので、現場に行く車両から発生するCO2が、半減します。また、仮設配管も不要になりますので、ゴミも減ります。
          お問い合わせ←←ここをクリック