(株) ソーラー・エコー

意外と知られていないオール電化工事の盲点

新着情報

登録メンバー (15)

オール電化工事は、どこがしても同じでしょうか?

   もしも、その答えが YESなら・・・

       それならば、安いに越したこと有りません。

お店から運んで、コンセントを差すだけの、電気ポットなら

    量販店で買ってきても、同じでしょう

しかし、工事が伴う場合は、どうでしょうか?

   きちんと、情報を取り入れている工事店に依頼しないと

      結局は、高くついてしまった。・・・と、云う事になりかねません。

今は、いろんな業種から、オール電化工事に参入してきています。

工事を行う時に、工事店様が理解しているか

    聞いてみてください。

明確な答えが無い場合は・・・要注意です!


先ず、『基礎に使うアンカーは、埋め込み式ですか?それともコンクリートが固まったあとに打ち込む”あと施工アンカー”ですか?』

答えが、埋め込みアンカーの場合は、ひとまず安心できますが、『あとから打ち込むあと施工アンカー』の場合は、もう一つ質問を投げかけて下さい。

 『工事期間は、どのくらいですか?』

答えが、『夏場で2週間、冬場で1ヶ月よりも短い場合』は、下記の動画をご覧下さい。

アンカーボルトが、性能を発揮するために、工事店が最低限守るべきガイドラインです。




見ていただきまして、有難うございます。

  
アンカーで、耐震性は大きく変わります
次に、基礎の大きさは、どのようにお考えですか?

設置場所をとらない、スリムタイプや薄型のエコキュートの基礎は

やっぱり出っ張らないで作ってほしい所ですが・・・・

エコキュートより20cmも30cmも出っ張った基礎でナイト・・・

地震時にとんでもないことになってしまいます。

もしも、施工店がエコキュートとあまり変わらない大きさの基礎を作るようなら

地震対策をお訪ね下さい。

明確な答えがあれば、良いのですが・・・

 『今までこうしてきたから』という答えなら要注意

下記に、動画で説明しています。



砂上の楼閣は・・・ご勘弁いただきたいものです